補償制度各種:建設機械のレンタル・修理 小松土木通商

自走式建設機械及び、登録ナンバープレートなしの自走式機械の補償制度

対象機械:登録ナンバープレートのない全ての自走式機械

■対人賠償

「運転中あやまって第三者を死傷させてしまった場合」

1億円(死亡・後遺症障害/1名限度額/1事故3億円まで)

■対物賠償

「運転中あやまって第三者の財物を破損させてしまった場合」

2,000万円(1事故限度額)

■自損事故

動産補償制度をご参照ください。

◆補償対象外となる主なケース

  • 工事現場外での事故
  • 借主とその者が所属する会社の所有物、又は他人の財産であっても、自分の管理下にある物の損害

詳しい補償除外規定はこちら >>

その他損害保険会社の規定に準じます

レンタカー及び、登録ナンバープレート付機械の補償制度

対象機械:登録ナンバープレート付のレンタカー及びリース機械

■対人賠償

「運転中あやまって第三者を死傷させてしまった場合」

無制限(死亡・後遺症障害/1名限度額)

■対物賠償

「運転中あやまって第三者の財物を破損させてしまった場合」

無制限(1事故限度額)

■自損事故

「借主(お客様)自身があやまって事故を起こし死傷した場合」
3,000万円(死亡・後遺症障害/1名限度額)
※自賠責対象外の時適用

「重機械等の破損(自損)」
動産補償制度(下記に記載)をご参照下さい
※レンタカーでの自損事故による車両破損修理費用には補償対応しておりません(補償外となります)

◆補償対象外となる主なケース

  • 借主と同じ会社(現場)の人や物に対する損害(対人・対物)
  • 運転者及びその家族に対する損害(対人・対物)
  • 請負作業の対象物に対する損害(対物)
  • 飲酒運転、無免許運転等での損害(全て)
  • 故意による事故の損害(全て)
  • 地震、噴火、津波等の自然災害が原因の損害(全て)

詳しい補償除外規定はこちら >>

その他損害保険会社の規定に準じます

動産補償制度

対象機械:リース機械が原因による負傷や、火災、破損、盗難などの偶然な事故によるリース(レンタル)機械本体の損害

免責

1事故のお客さま負担額は税込み負担額の10%且つ、下限が10万円です
但し、全損・盗難の場合には原則として本体価格の20%となります
※ 一定期間内に事故を重ねた場合には、お客様の負担額が増額されます
※ 上記負担額は基本設定額になりますので、損害の状況内容に応じて損害額の20%〜80%ご負担いただく場合があります

◆補償対象外となる主なケース

  • 故意または重過失による損害
  • 消耗、摩擦による損害
  • 消耗品の破損による損害
  • オイル不足や、オーバーヒートによるエンジンの焼付け
  • 修理、点検、加工、清掃等の作業中の損害
  • 紛失、置き忘れによる損害
  • 詐欺、横領による損害
  • 汚れや擦傷等による損害
  • 電気的、機械的事故による損害(いわゆる故障損害)
  • 破損、故障により発生した人件費や材料費の損害(間接損害)
  • 地震、噴火、津波等の天災による損害
  • 事故発生の原因が曖昧で、正確な事故発生状況が確認できない損害

詳しい補償除外規定はこちら >>

その他損害保険会社の規定に準じます。

各種補償における補償対象外(除外)規定

◆概要

弊社取扱いの各種補償において、下記に定めた事項に該当する場合等には、各種補償および保険を提供(使用)出来ない場合がありますのでご注意ください。

  1. お客様(借主)の故意、法令違反によって生じた損害
  2. 台風、土砂崩れ、洪水または高潮等によって生じた損害
  3. お客様(借主)と第三者との間の特約によって加重された賠償責任を負担する事によって生じる損害
  4. お客様(借主)の所属する会社の従業員およびお客様(借主)が元請けとなって使用している使用人に対する損害
  5. お客様(借主)およびその家族およびお客様の所属する会社の従業員の所有、使用または管理する財物が減失、破損または汚損された場合にそれによってお客様(借主)が被る損害
  6. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変、または暴動によって生じた損害
  7. 地震、噴火または津波によって生じた損害
  8. お客様およびその承諾を得た者以外の運転者が運転中の事故
  9. 無資格、無免許または酒気帯び、薬物使用等での運転による事故
  10. 所轄警察署への事故届出がなかった場合
  11. 相手方に対し損害の賠償をもとめられる求償事故(いわゆるもらい事故)の場合
  12. 第三者賠償のうち法的賠償責任範囲外の場合
  13. リース(レンタル)期間を無断で延長して使用された場合
  14. 事故およびその損害を証明する書類が無い場合
  15. 賠償請求に関しての、間接損害およびビジネス・リスク
  16. その他、弊社の貸渡約款の各項に違反して使用された場合
  17. 消耗品およびアタッチメントに対する損害
  18. あらかじめ損害が起こる可能性が高いと予測される現場での損害
  19. 機械能力を超える扱いや、使用方法とは明らかに違う使い方をして生じた損害
  20. 安全装置の解除または、取り外しての作業、高さ制限を超えた積載や転倒防止装置の不設置などにより発生した損害
  21. 法律上必要な処置を講じずそれが原因で生じた損害
  22. 機械の置き忘れ、紛失
  23. 鍵の保管等、盗難防止措置を行わなかった場合の盗難
  24. 事故および故障が判明して直ぐに(数日の内に)当社への報告がなされなかった場合

Copyright© Komatsu doboku tusyo co.,ltd. All Rights Reserved.